6 地いきのはってんにつくした人々

3、松浦武四郎(まつうらたけしろう)

 みなさんは、「北海道」という名前を聞いたことがありますか?
 47都(と)道(どう)府(ふ)県(けん)の中で一番広い土地ですね。
 日本列(れっ)島の北に位置するこの「北海道」のもとになる名前を、明治2年(1869年)に考えたのが江戸(えど)時代に6回も北海道を探検(たんけん)した松浦武四郎という人です。

松浦武四郎(65歳頃)
けんたくん
けんたくん
 どうして、「北海道」という名前ができたの?
0
0

 北海道は、江戸(えど)時代に蝦夷地(えぞち)と呼(よ)ばれてアイヌの人々がくらしていたんだ。
 武四郎は、「カイ」=「海」(加伊)は、アイヌの人々のことを表すことば だと聞いて、「北にあるアイヌの人々が暮(く)らす広い大地」という思いで考えたんだよ。

たけちゃん

武四郎まつり
マスコット
キャラクター
たけちゃん

各ページで、閲覧することにできる各種写真の無断転載はご遠慮ください。
転載、二次利用をご希望の方は松浦武四郎記念館(0598−56−6847)まで
お問い合わせ下さい。

<< HOME <<6章もくじ  
15
 
もどる